恋愛・結婚

コロナ婚…!?世界的な危機である今だからこそできること、その先の幸せのために。

新型コロナウイルスの影響で、予定されていた通りついに今日、緊急事態宣言が出されました。

現時点での対象地域は「東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡」の7都府県となっています。

まずは1ヶ月の期間ですが、1ヶ月後に日本や世界の状況がどのように変化しているかもわからない以上、気の抜けない日々がまだまだ続きます。


第三次世界大戦の始まり?敵はコロナ?

さて、第二次世界大戦以降、これほどまでに世界全体がパニックに陥った出来事というのは歴史上ありません。

今回の新型コロナウイルスの件に関しては、第三次世界大戦と同義だ、と唱える声もあるほどです。

ところで、一般的に世の中が不安一色に染まったときというのは、婚活市場に変化が訪れることをご存じでしょうか?

例えば、大きな天災や経済危機などがこれに当たります。

このようなときの傾向としては、女性の結婚意欲が高まるのに対し、男性は今までよりも結婚に対して慎重になることが多いようです。

この傾向の理由として、女性に関しては後述しますが、男性は「自分が家族を養っていかなければ」という責任感が強いので二の足を踏みがちです。

もちろん「コロナで大変なときに、恋愛だの婚活だの言ってる場合じゃない!」
とおっしゃる方もたくさんいるでしょう。

ですが一方で、全く先の見えない未曾有の危機に陥ると「誰かと共に生きたい、1人では不安だ…」
という気持ちに支配されてしまう女性も少なくありません。



「結婚してひとまず安心を得たい」という女性の本音

昨今ではすっかり女性も男性と同じように働くことが当たり前となり、必ずしも女性は結婚したら家庭に入る、というような価値観はだいぶ薄れてきた感があります。

とはいえ中には結婚後の専業主婦願望だったり、せめて正社員ではなくパートタイムで気ままに働きたい、と考える女性もまだまだいるのが現状です。

はっきり言うと「結婚して安心を得たい、楽になりたい」と短絡的に考える女性が少なくないということです。

このサイトでも何度か取り上げていますが、結婚はゴールではなくスタート。

結婚それ自体はおめでたいものですが、結婚したからといってそれだけで幸せになれる、この先の生涯の幸せも保証される、ということでは決してないのです。

当たり前のことのように思えますが、ここをはき違えてしまっている女性が、特に婚活市場には多く存在します。



コロナ騒動の中でも恋愛も結婚もしたっていい!

新型コロナウイルスはまだまだ得体の知れないウイルスでありながらその感染力の高さが脅威であることもあり、今では世界中の人々が外出さえ思うようにできない状況です。

そのためそれぞれが外出自粛を心がけ、自宅で過ごす時間が圧倒的に増えています。

するとどうしても気持ちが塞ぎがちな方も増えてしまいますが、コロナで大変だからといって何も自宅の中まで暗くどんより過ごす必要はありません。

むしろこんな状況でも恋愛は大いにしても結構ですし、ひとまず籍を入れるという意味での結婚でしたらそこまで難しいことではありません。



現在彼氏がいる女性

すでにお付き合いしている彼がいる女性の場合には、このコロナウイルスの危機に対してもきっと力を合わせて日々を過ごしていることでしょう。

それはたとえ同棲していなくて少しの間会えない時期が続くとしても、2人の間の愛が本物であればきっとこのコロナ騒動も乗り越えられるはずです。

なのでそう強く信じて、決してコロナに対する不安に負けて彼に結婚を急かすようなことはしないようにしましょう。

こんなときだからこそ…と、彼のほうからもしプロポーズがあればそれを受けるか受けないかはあなた次第です。

ですが「コロナで不安だから一刻も早く結婚までこぎ着けたい…」というのは、男性にとってはプレッシャーでしかありません。

「コロナ婚」というワードまで目にするようになりましたが、それはあくまで2人が前向きな気持ちで結婚に進むケースであれば良いと思います。

そうではなく、あなたは結婚することで一時の安心を得て幸せでも、彼にとっては責任感の重圧で実は幸せじゃなかった…なんてことになれば、その後の2人の関係にも影響しかねません。

ですからまずは、これまで通りの2人の関係を大切にしましょうね♡



現在彼氏がいない女性

一方、現在お付き合いしている方がいない女性のほうが、彼氏がいる女性に比べると現状に対する不安感が大きいかもしれません。

「この先世界はどうなってしまうのだろう…1人で生きていけるのだろうか…」と。

まず最初にもお話した通り、地域によっては緊急事態宣言が出されている状況で、今すぐに彼氏を作ったりましてや婚活しようというのは全く現実的ではありません。

ネット上で文字でのやり取りや通話だけで完結できるのであればできなくもないですが、可能性はかなり低いと思います。

であれば、恋人がいない女性はただ毎日不安に怯えるしかないのか?
というとそんなことはありません♡



新型コロナウイルス対策のために外出自粛が要請されているので、今は誰もが自宅で過ごす時間が格段に増えている状況です。

そこで、こんなときこそ自分自身を改めて見つめ直す時間を確保してみるのはどうでしょうか?

ただ「彼氏がほしい」「結婚がしたい」と漠然と望んでいるだけではなかなか良い相手が見つからないものです。

それはなぜかというと、まずあなた自身の今後の人生のビジョンが明確になっていないから。
これが理由の1つとなっている場合があります。

具体的にはあなたの「好きなこと・嫌いなこと」、さらに「得意なこと・不得意なこと」を洗い出してみたり、そこから今後の人生をどのようなものにしていきたいか。

まずはあなた自身の細かい内面に注目し、そこからだんだんと外へ視野を広げていくようなイメージです。

最終的に彼氏ができて結婚するとなっても、彼と共に歩む人生とはいえあなた自身の人生であることには変わりありません。

決して自分の人生を他の誰かに委ねることなどできないので、そのことを踏まえた上でぜひおうちで過ごす中で自分を見つめ直す時間を作ってみてほしいと思います。

いつまでかかるかわかりませんが、必ずきっとコロナ騒動が収束するときが来ます。

そのときまで健康管理に気を付けながら、その先に恋愛や結婚の幸せを掴むためにも、今できることをしながら有意義に過ごすことを心がけたいものですね♡