ダイエット

ダイエットの停滞期はどのくらい続く?脱出するまでの上手な付き合い方とは

ダイエット中の『停滞期』。
これは、ダイエット中に突然訪れる「しばらく体重が落ちない、または非常に落ちにくくなってしまう時期」のことを言います。

継続的なダイエットをしていると、必ずと言っていいほど訪れる停滞期ですが、せっかく努力を続けていても体重が減らなくなると、
落ち込んでしまったりモチベーションが低下してしまいますよね?

それによってダイエットが疎かになったり、ダイエットが続けられなくなってしまってはもったいないので、
今回の記事ではダイエットにおける停滞期についてまとめてみたいと思います。

そもそも何で停滞期なんてあるの?

これまで通り順調にダイエットを続けてきているはずなのに、どうして停滞期は突然やってきてしまうのでしょうか?

その理由は、体が「ホメオスタシス(恒常性)」という機能によって、自分の体を飢餓状態から守ろうとするため

ダイエットに運動を取り入れずに食事制限だけで体重を減らそうとすると、高確率で停滞期がやってきたり停滞期が長引いてしまうのも、
停滞期がやってくる理由を知ると納得できますよね。

停滞期はどのくらいの期間続くの?

停滞期がどのくらい続くかというと、個人差がありますが大体2週間~長い人で2ヶ月ほど続く場合があると言われています。

2ヶ月も続くと考えると、その間に気持ちがめげてダイエットが続けられなくなってしまいそうですよね。

でも、停滞期は必ず終わります!

停滞期が終わるまでに油断してしまったり暴飲暴食をして体重を増やしてしまうと、今までの努力が水の泡となってしまうので、
ここは辛抱強く上手に停滞期と付き合うようにしましょう。



停滞期はどんなふうに過ごせばいいの?

では、停滞期を上手に過ごしていくにはどのようにすればいいかというと、突然ですが「チートデイ」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

このチートデイとは「この日だけは好きな物を何でも食べていい日」のことです。

かといって、あまりにも暴飲暴食をするのも良くないので、できればカロリーや栄養を計算した上で行えることが理想です。

チートデイを設ける一番の目的は「体は飢餓状態ではないから大丈夫だよ」ということをわからせて停滞期を脱することです。

とはいえ、チートデイはダイエットのストレスを解消する絶好の機会でもあるので、
あまり考えすぎずに思い切り楽しんで食べたい物を食べるようにしましょう。

まとめ

ダイエットをしていると、停滞期は誰にでもやってくるものだ!ということをわかっているだけでも、
いざ停滞期が訪れたときにだいぶ気持ちが楽になると思います。

なので、停滞期が来たときはドンと構えて焦らず停滞期の終わりを待ちながら、
例えば「今度の日曜日はチートデイにしよう!」などと上手に自己管理をしながら、ダイエットを継続していくようにしましょう。